技術検定試験



令和3年度1級土木施工管理技術検定 合格発表について



現場の監理技術者になるために必要な手続きについて


 1級技術検定合格おめでとうございます。
 1級技術検定に合格された皆様は監理技術者となることができますが、そのためには監理技術者資格者証の交付と監理技術者講習の受講が、法律により義務付けられています。
 具体的には、指定建設業者が工事発注者から直接請負った建設工事を、4,000万円(建築一式工事の場合は、6,000万円)以上の下請契約に基づき工事を施工する場合、建設業法第26条第2項により工事現場に配置しなければならない監理技術者には、同法第26条第5項の規定により「監理技術者資格者証」の携帯と「監理技術者講習」の受講が義務づけられています。
 また、「監理技術者資格証」を保有し「監理技術者講習」を受講した1級の技術者は、建設業法第27条の23第3項により経営事項審査で1点加算評価されます。
 
 
   ● 「監理技術者資格者証」の携帯と「監理技術者講習」の関係図
     リンク先
     https://www.jctc.jp/lecture/sankoushiryo/flow
 
   ● 「監理技術者資格者証」の申請について
     リンク先
     https://www.jctc.jp/lecture/sankoushiryo/kanrishikakusho
 
   ● 「監理技術者講習」の申込みについて
     リンク先
     https://www.jctc.jp/lecture
 
 

>up

All right reserved. Copyright © 2011 Japan Construction Training Center